ブランドの構築

ブランド戦略のビジネス目的とは?

ブランド戦略の目的は販売効率を良くすること。
顧客がニーズを感じた時、その製品を思い出してくれれば問い合わせや購買の確率がぐっと増します。
こちらから売り込む手間をなくし、顧客が思い出しやすい状態を作るのがブランド戦略の目的です。

ブランドはどうやって作るのか?

横展開・拡大

確信できた仮説を横展開・拡大。「売れている」と認知されれば「モノ」は「ブランド」とみなされます。

テスト販売,情報収集

仮説をもとにテスト販売を開始。
初期は大きな投資を控え、情報収集に注力します。

仮説をたてる

「モノ」が「ブランド」と認知されるには売れていなければなりません。
そのため「売れる仮説」が必要。

Step 1:ブランド・コンセプトの策定

ブランドとは連想ゲームのようです。顧客がニーズを感じた時に、最初に思い出されるよう「ニーズに紐づくワード」を決めます。まるで検索エンジンに検索キーワードを打ち込むように「〇〇と言えばこのブランド」の〇〇を決めます。これがブランド・コンセプトになります。

Step 2:ブランド要素の決定

顧客の記憶に粘着し思い出してもらいやすくするためにネーミング、ロゴマーク、タグライン、キャッチコピー、パッケージデザイン、キャラクター、カラーリングなどブランド要素をユニークなものにして他ブランドとの識別性を高め差別化を図ります。

Step 3:ブランド体験蓄積

ブランドを買ってもらい、何度も使ってもらうためのマーケティング施策を実施します。良いユーザーエクスペリエンス(顧客体験)が増えるほど、顧客のブランドに関するイメージ総量は蓄積され、親しみのある、思い出してもらいやすいブランドになっていきます。

ブランド構築のアドバイス

売上実績ができて世間がブランドとみなすようになるまで、各ブランド構築プロセスを見直しテストを繰り返しながら伴走します。

初回無料相談はこちら
▶︎Click Here