組織活性化

営業力のみに頼った販売手法には限界があります

社内組織が売上の足枷になっていることもあります。
売上目標を達成するための、マーケティング組織の見直し・活性化が必要です。

組織体制

マーケティングや営業の組織形態には売上に応じた発展段階があります。

販売組織の発展段階

売上や組織課題に応じて、不足している組織機能を検討・改善します。

1

単純販売部門

2

企画・販促・サポート機能を付随させた販売部門

3

マーケティング部門の分離・独立

4

マーケティング各機能の専業部門化

5

事業部制、カンパニー制、ブランド・マネージャ―制による各機能の統括

ブランド・マネージャー制

ブランドごとに担当者を置くことで各部門の調整をおこない、迅速な意思決定をします。

営業、研究、生産、物流、デジタル 営業、研究、生産、物流、デジタル

組織管理

販売計画から実施までのプロセスは滞りなくおこなわれていますか?
売上未達の原因は、一連の販売活動に関する「計画・準備・活動・反省・改善」のどれか、またはすべてが不充分であると考えられます。

一度だけ売上目標を達成してもあまり意味はありません。常勝企業は組織的に上記のプロセスが習慣的に定着しています。マーケティングと営業活動の「一体的プロセス」を見て、販売を滞らせているプロセスを改善します。

一連の販売活動

組織人材

マーケティング担当者や営業担当者のスキル

プロの仕事ができているか、またはプロを育てる組織になっているか?マーケターや営業の業務レベルを見極めて、教育指導をおこないます。

組織体制、組織人材、組織管理・オペレーション、売上達成・拡大

組織活性化

売上目標を達成していく組織が必要です。営業部の頑張りで売上をあげるのは限界があります。マーケティング組織の見直しとアドバイスをします。

初回無料相談はこちら
▶︎Click Here