答えを知らない問題にどう向き合うか

配信日:2020年2月26日

連日、新型コロナの話が尽きません。現場で対処している医療チームや病院の方々、本当にお疲れ様です。いまの日本での対策や対応方法にいろいろ言う人もいますが、僕は「現場は一生懸命やっている」とおもっています。文字通り命がけの仕事で感謝してもしきれません。

韓国やイタリアで感染者数が急激に増えていることにも驚いています。しかし冷静に考えてみると「感染者」とカウントされるのは何らかの検査を受けてはじめてカウントされるので、「検査を増やせば可視化された感染者数も増える」というのが真実だと思います。おそらくこれらの国では検査の数が日本と全く違うのでしょう。検査の母数が圧倒的に多いと思います。よって、感染者数を他国と比べて「静観する時期だ」というのは危険で、怖いのは「検査を受けていない潜在的感染者」の存在です。国も一生懸命に検査のキャパシティを増やしていますが、なかなか追い付けるものではなく、こうなるとやはり、個人的な水際作戦しか行えることはない。一人一人が「うつさないこと」「うつらないこと」をこころがけるしかありません。

今回のような「答えを知らない問題」を解決するにはどうしたら良いか。実は国の偉い人たちもわからないのだろうと思います。日本人は明治以来、「答えは必ず誰かが知っている」という前提で教育を受けてきたとよく言われます。明治の頃であれば西欧列強という「先生」がいて、そのモデル(答え)を真似る・学ぶことでやってきた。だから先生(teacher)というのは「(答えを)教える人」という意味です。官僚を悪く言うつもりはありませんが、日本のエリート層というのはそういう「答えを知っている・記憶している」ことが強みだった。しかし、いまのコロナのように(または21世紀の世界情勢のように)、これまで体験したことのない問題が多くなると、20世紀に「答えがある前提」で教育を受けた者は突然、機能しなくなるのだと感じています。

誰も答えを知らないのだから、これはもう、意思をもって決めるしかないのです。正しそうだと思われるアイデアをだして、「答えを決める」プロセスです。ここに21世紀型の教育があるかもしれないし、実際に北欧ではそういう教育も始まっています。そこでは、答えは考えるひとの数だけ存在します。しかしこれは結構、しんどいことだとも思います。考える、もっというと自由に考えるというのは大変なのです。逆に一番ラクなのは誰かが「こうしろ」と指示したとおりにやること。時には「答えを出さない」という答えで逃げるひともいます。そんな答えでも構いません。そのひとの自由ですが、そこには責任も付いて回ります。いずれにせよ自分で脳みそに汗をかいて決めて、主体的に実行・やり抜くというのはしんどいものです。それだけにこれは「生きる力を身につける」ことになると思います。

下記掲示板にコメントなどいただけると幸いです。(全角100字まで)
※いただいたコメントは下記枠内に表示されます。
※コメントを追加したい場合は、一旦本ページを更新してください。

年別バックナンバー

関連するページ

コンサルティング

コンサルティング
ブランド構築のアドバイス、イノベーションの導入、マーケティング・営業組織の活性化、人材の育成支援

同じカテゴリーのメルマガ #その他

大きな何かが変化しつつあるのかな

大きな何かが変化しつつあるのかな
2020年2月19日配信
CATEGORY:その他

Brexitとポピュリズム

Brexitとポピュリズム
2020年2月5日配信
CATEGORY:その他

人間の天敵

人間の天敵
2020年1月29日配信
CATEGORY:その他

体験を通じた学び

体験を通じた学び
2019年11月27日配信
CATEGORY:その他

 繁盛の秘訣②/お金編

繁盛の秘訣②/お金編
2019年11月13日配信
CATEGORY:その他

 繁盛の秘訣

繁盛の秘訣
2019年11月6日配信
CATEGORY:その他

 It’s old 営業

It’s old 営業
2019年9月25日配信
CATEGORY:その他

 増税前の駆け込み需要

増税前の駆け込み需要
2019年9月18日配信
CATEGORY:その他

 いまの世界経済ってこうなっている

いまの世界経済ってこうなっている
2019年5月15日配信
CATEGORY:その他

 新しい時代を迎えて

新しい時代を迎えて
2019年5月8日配信
CATEGORY:その他

 平成とはどんな時代だったか

平成とはどんな時代だったか
2019年4月3日配信
CATEGORY:その他

 メキシコ国境の壁

メキシコ国境の壁
2019年1月23日配信
CATEGORY:その他

メルマガ登録はこちら
▶︎Click Here