Now Loading

業務内容

《アドバイス領域》ブランド構築,イノベーション,マーケティング組織,人材育成

こんな課題を抱えていませんか?

「これまでも色々やってきたが思うような結果になっていない.」「長期・短期とも「次の一手」をどうしたらよいか考えが煮詰まっている.」「ブランドを見直せと経営陣から言われている.」「いままで経験のないブランド・マネジメントに取り組まねばならない」

コンサルティング契約の検討如何にかかわらず、
あなたの課題について初回無料相談を受付けています。
下記よりお申込みください。

初回無料相談へのお申込み ▶︎Click Here

ブランドはどうやって作るのか?

SETP3
横展開・拡大

確信できた仮説を横展開・拡大。「売れている」と認知されれば「モノ」は「ブランド」とみなされます。

SETP2
テスト販売,情報収集

仮説をもとにテスト販売を開始。
初期は大きな投資を控え、情報収集に注力します。

SETP1
仮説をたてる

「モノ」が「ブランド」と認知されるには売れていなければなりません。
そのため「売れる仮説」が必要。

私たちの業務内容

ブランド構築のアドバイス

ブランド構築のアドバイス

売上実績ができて世間がブランドとみなすようになるまで、各ブランド構築プロセスを見直し、テストを繰り返しながら伴走します。

イノベーションの導入

イノベーションの導入

例えばデジタル・マーケティングなど、顧客やテクノロジーの変化は既存のマーケティング手法にも影響を与えています。時代に取り残されないアドバイスをします。

マーケティング・営業組織の活性化

マーケティング組織導入の指導

売上目標を達成していく組織が必要です。営業部の頑張りで売上をあげるのは限界があります。マーケティング組織の見直しとアドバイスをします。

人材の育成支援

人材の育成支援

多くの会社ではブランド構築ができる人材が不足しています。ブランディングの知識に留まらず実務的な知恵を学べるプログラムを提供します。

ブランド構築

ブランド構築のアドバイス

売上実績ができて世間がブランドとみなすようになるまで、各ブランド構築プロセスを見直し、テストを繰り返しながら伴走します。

イノベーション

イノベーションの導入

例えばデジタル・マーケティングなど、顧客やテクノロジーの変化は既存のマーケティング手法にも影響を与えています。時代に取り残されないアドバイスをします。

組織の活性化

マーケティング組織導入の指導

売上目標を達成していく組織が必要です。営業部の頑張りで売上をあげるのは限界があります。マーケティング組織の見直しとアドバイスをします。

人材育成支援

人材の育成支援

多くの会社ではブランド構築ができる人材が不足しています。ブランディングの知識に留まらず実務的な知恵を学べるプログラムを提供します。

2017年度の主なプロジェクトは?

洗剤・除菌洗浄剤会社の
全商品リブランディング

ブランドの梃入れを行いながら売上を再浮上させるにはどうしたらよいか?私たちは顧客が毎日接するタッチポイント、商品ラインの整理統合・集約とパッケージデザイン戦略の見直しをしました。ポイントになったのはレストランなど煩雑で忙しい飲食店の厨房で各種洗剤と除菌剤の誤使用を最小限にすること。特に外国人アルバイトであっても安心して使えること。そこでブランドらしさを全面に打ち出した「統一デザイン」を設定後、カテゴリーごとのカラーコントロールを設計。商品ネーミングもブランド名よりも製品カテゴリーや用途を前面に押し出すことで誤使用を最小限にする戦略をとりました。

輸入菓子会社の商品リブランディング、
特に営業マーケティング組織再構築

コンビニを中心にメーカーへ開発営業のニーズが高まる中で輸入菓子という外国人向け大容量・包装形態のブランドをどのように市場に適合させるか。特に「小腹需要」と呼ばれる市場が台頭しているなか、私たちは商品をバルクで輸入し日本でスモールサイズにリパックする戦略を採用しました。同時に営業活動を営業マン個人の活動からソリューション型・チーム対応型に変更。マーケティング・スタッフと物流スタッフを同行させ顧客の業態・ニーズに合わせた商品リパックの提案を行うようにしました。

農業機械会社のリブランディング

日本の農業人口が減少していくなかで将来も顧客(農家・営農集団)から必要とされる農業機械メーカーでいるにはどうしたらよいか?コーポレイト全体のブランド再構築です。私たちは社内にリブランディング・プロジェクトを立ち上げました。そして顧客の重要なニーズを再度検証し、私たちが勝てる土俵を選択し、ブランド・コンセプトを再設計し、広告、ウェブなどブランドの表現要素をすべて見直し、そして実施しました。

電子楽器会社の既存ブランド強化

グローバルに展開する日本企業のケース。常に進化し続ける音楽ジャンルでは、それを創り出すDJやクリエーターのパフォーマンスを昨日よりも更に良くしていくことが常に求められます。私たちは「過去の名機」をリバイバルさせ、そこに最先端のテクノロジーと、劇的にユーザビリティを改善する新たなワークフローを創造する戦略をとりました。(リブランディングというよりはリニューアル戦略)

初回無料相談へのお申込み ▶︎Click Here

サービスご利用の流れは?

1.まずは無料相談に申し込む

2.お悩みの内容を面談にて確認(60分程度)

3.プロジェクト内容と料金の提示

4.ご検討・お申込み

初回無料相談へのお申込み ▶︎Click Here

コンサル料金について

初回相談は無料です。
その後の打ち合わせも、正式にご発注頂くまで料金は発生しません。
契約後の料金はコンサルティング形態によります。
顧問契約型とプロジェクト型があり、案件に適した料金を提案します。
私たちの料金算定の考え方と目安はQ&A[契約後の料金を教えてください]をご覧ください。

コンサルタント紹介

水野与志朗(みずのよしろう)
ビーエムウィン代表取締役社長/ブランド経営コンサルタント
(財)ブランド・マネージャー認定協会理事

1968年生まれ。学習院大学経済学部卒業。大学卒業後、味の素ゼネラルフーヅ(株)、マキシアム・ジャパン(株)、ハーシージャパン(株)などで、ブランド・マネージャー、マーケティング・マネージャー、マーケティング・ディレクターを歴任。34歳の時、「ブランド・マネージャー(経済界)」の出版をきっかけに、ブランド経営コンサルタントとして独立。2005年には個人事務所を水野与志朗事務所株式会社にする。自身がブランド・マネージャー(BM)としてキャリアを積んできた経験から、「すべてのBMが勝利(WIN)を味わえるように」との願いを込めて、コンサルティング事業名をBMWIN(ビーエムウィン)とした。

特にコーヒーや酒類など嗜好飲料でのブランディング経験が豊富で、サラリーマン時代はブレンディ、炭焼珈琲、レミーマルタン、アブソルート・ウォッカ、コアントロー、パッソア、ジムビーム、ハイランドパーク、ホセクエルボ、パイパーエドシックなどのファイン・ワイン&スピリッツのブランディング、リブランディングを行ってきた。

独立後はコンサルタントの立場で新潟県酒造組合に加盟する約90社の蔵元の清酒ブランド(日本酒)、黒ラベル(サッポロビール)、からり芋(サッポロビール、焼酎)、シンハービール(池光エンタープライス&ブンロート・ブルワリー、タイ・ビール)、エストレーリャ・ガリシア(リベラ、スペイン・ビール)での実績がある。また酒類以外では、ブリヂストンスポーツ、カルビー、ヤクルト、三井物産、ジョンソン・エンド・ジョンソン、味の素、AGF、タカラトミー、ローランド、日東紅茶、ダンディハウス、エアアジア、ルベル(タカラベルモント)、クラシエ、サンスター、エスエス製薬、パナソニック、三菱農業機械など大手企業を中心に200社以上のコンサルティング・プロジェクトに関わる。

公開セミナーでは1,200社以上のマーケターにブランディングについてのノウハウについて話す。2010年、(財)ブランド・マネージャー認定協会の理事に就任。企業コンサルティングの傍ら、プロのブランド・マネージャー育成にも取り組む。

著書として、「ブランド・マネージャー(経済界)」は、まだブランディングという言葉すら存在しなかった頃の先駆的な書籍と評価されており、以来、大手消費財企業で新人マーケターの教科書になっている。「戦略的パブリシティ(オーエス出版)」は、現在の戦略PRの先駆け的存在。お金をかけず広告宣伝する手法をまとめている。「THE BRAND BIBLE(総合法令)」は、ブランドの成功と失敗のメカニズムをわかりやすくまとめている。「ブランド戦略実践講座(日本実業出版社)」は、大学のマーケティング論でも採用された。「たった一年で紹介が紹介を生むコンサルタントになる法(同文館出版)」はコンサルタントとしてのあり方を説いたパーソナル・ブランディング本。「5年以内にコンサルタントで独立して成功する法(同文館出版)」はその続編としてサラリーマン時代(下積み時代)の修行の仕方を述べている。「紹介からはじまる営業ならこんなに売れる(同文館出版)」では最新のソリューション営業について述べた。どの本も自身のビジネス体験をもとに書かれており、多くのビジネスマンに共感されている。

初回無料相談へのお申込み ▶︎Click Here