Now Loading

よくある質問 Q&A

▼ Q.ブランド経営コンサルタントとは何ですか?
企業や製品サービスが持つ価値を向上させ、売上利益を改善していく専門コンサルタントです。
アートディレクターなどクリエイティブ出身のブランド・コンサルタントはコミュニケーションにフォーカスしたコンサルティングを行いますが、私たちはブランド・マネージャーの経験をベースに売上利益にフォーカスした「事業会社経営に即したコンサルティング」を行っています。
よって「ブランドの経営コンサルタント」と区別し呼んでいます。
▼ Q.集客コンサルタントとの違いは何ですか?
一般的な集客コンサルタントはウェブサイト、ランディングページ、メルマガなど広告のコピーライティングを改善してコンバージョンをあげていくのが仕事です。私たちはブランド・マネジメントを見直しブランド価値を向上させることを仕事にしています。それによって顧客が安定的に買い続けてくれる(究極的には集客そのものを不要にする)状態を目指します。
▼ Q.広告会社やデザイン会社にもブランド・コンサルタントがいます。どう違うのでしょうか?
大手広告会社やデザイン会社にもブランディング・サービスはありますが、それらは広告発注やパッケージやウェブなどのデザイン発注を前提としたものになります。よって広告費用やデザイン費用が十分にあるときは十分なサービスが受けられます。しかしそうでない場合、御社の仕事にかかわる数人のスタッフの稼働費用をまかなうために高額な料金になるようです。私たちは広告やデザインの発注を前提とせず、かつ代表の水野が1人ですべてを仕切る個人事務所なので、安価で提供させて頂けます。
▼ Q.コンサルティングはどのように進んでいくのでしょうか?
課題に即したワークショップ(フォーカス・セッション)が中心になります。例えば「創立の周年記念」としてブランド・プロジェクトを行う場合、その担当チームを対象に指導・業務に当たります。クライアントの意向によっては研修形式で行うこともあります。その他の進め方についてもご相談ください。
▼ Q.コンサルティング以外に、デザイン開発やデジタル分野の仕事もお願いできますか?
私どもはデザイナーやデジタル・マーケターを抱えてはいませんが、デザインやデジタルの仕事も請け負っています。外部の専門業者との協働です。私たちにない機能でクライアントが求めるものは、デザイン、デジタルのみならず、広告一般、出版社、調査会社、オープンイノベーション会社などと解決チームを組み、課題に応えてきました。もちろん御社で現在お付き合いのある専門家とも協働いたします。
▼ Q.コンサルタントに依頼することを社内に説得しなければならないのですが、どうすればいいでしょうか?
私たちが用意している「初回無料相談」にキーマンも出席して頂き、私たちとの相性を見て頂いてはどうでしょうか。また現場のメンバーに納得して頂くには社内研修が良いかと思います。そこで各メンバーと直接の顔合わせをし、ブランドのみならず私どもの考えについても理解して頂きます。
▼ Q.初回相談は無料ですが、契約までの打ち合わせで料金は発生しますか?
ご安心ください。正式にご発注いただくまでは料金は発生しません。
▼ Q.新規取引を始める社内規定のハードルが高いのですが、手軽に始められる方法はないでしょうか?
クライアントの社内規定によっては新規の外部業者との取引をはじめるために稟議や手続きなどを経なければなりません。これには時間がかかることも多いもの。そのような企業では既に取引のある広告会社様や研修会社様を介して発注を頂くこともあります。
▼ Q.契約後の料金を教えてください。
コンサル料金は世間相場がわかりにくく、高いのか安いのか不安に思われるかもしれません。まずはその説明を簡単にします。一般的にコンサル料金を決めるのは以下の要因があります。

【コンサル料金を決める要因】

  1. 独立コンサルかサラリーマンコンサルか(サラリーマンコンサルのほうが高い)
  2. かかわるコンサル人数(サラリーマンコンサルは数人から十数人になり高くなる)
  3. 短期か長期か(短期のほうが1回当たり単価は高くなる)
  4. クライアントの企業規模(慣習的に大企業のほうが高くなる)
  5. コンサルタントの専門性やスキル(ベテランのほうが高くなる)
これらの条件を組み合わせることでコンサル料金を割り出します。例えば大手企業の短期プロジェクト型のコンサルティングでは初回診断料が1,000万円、その後の支払いも含めると数千万から数億円にもなります。これはコンサルティングのアウトプットではなく、コンサルタントの人数と日数の掛け算で割り出されます。計算はどうあれ、単純にあまりにも高すぎると思います。 私たちの考えでは、コンサルタントの価格は『一人当たり、月に1回、2時間で10万円』が妥当です。これは中小機構基盤整備機構がまとめた中小企業診断士の1日の報酬金額と同じレベルです(下記参照)。この金額をベースに料金のご提案をしております。
【参考資料】
独立行政法人 中小機構基盤整備機構がまとめた資料。中小企業診断士の報酬は1日(2時間)の指導で97,000円から141,000円。
http://j-net21.smrj.go.jp/know/s_hiroba/enquete/p06.html