Now Loading

人を殺すことを正当化出来る感覚とは?

配信日:2011年

先日のロイヤル・ウェディングはとても華やかだったようですね。残念ながら私はほとんど興味がなく、ゴールデンウィークの初日だったこともあり、夜から映画をみに行きました。ただし観た映画はイギリス王室が舞台の「英国王のスピーチ」でしたが(笑)。

しかしそんな華やいだ話もつかの間、ビンラディンが射殺されたというニュースが世界中をまわり、ロイヤル・ウェディングも既に過去の話題になった感すらあります。

ビンラディン射殺に関して私が最も違和感を覚えたのは、ニュースでみるアメリカ人の喜びようでした。確かに9・11で家族を殺され仲間を殺され、憎い相手だとは思いますが「人の殺害を喜べる感覚」というのは一体どんなものなのだろうかと思いました。

いや、きっと同じように違和感を覚えたアメリカ人もいたことでしょう。しかしどんな理由があるにせよ、大統領をはじめ一般人まで、人を殺すことすら正当化できる国というのは凄いなと思います。率直に言うならば「狂気」に近いものを感じました。

そもそも狂気とは何かという問題なのかもしれません。辞書で調べてみると「気が狂っていること。異常をきたした精神状態」とあります。しかし問題なのは一体何が「異常をきたした精神状態」なのかがよく分からないことです。特に狂っている本人達は自分がそうだということを認知できないのではないかと思います。

そのような観点から私の定義では「狂気とは偏った見方のみが存在している状態。そこに疑問の余地を挟めない状態」となります。誰もがビンラディンの射殺を肯定している状態。殺人ですら、誰もがアメリカは正しいことをしたと思っている状態。明らかにバランスを崩している状態。

2億人の国民がそう思っているのであれば、さすがのオバマ大統領も自分のしていることを正しいと思うのは当然ではないでしょうか。これを狂気の産物と呼んでも良いと思います。社会的に偏った見方が社会的な狂気を生み出し、リーダーを狂気に駆り立てる。偽装事件や粉飾をする企業を見ていると、そのまま企業社会にも当てはまります。

同じくビンラディン自身も狂気の産物だったのでしょう。反米感情が常識のイスラム社会では9・11をテロリズムとは捉えず「聖戦」と捉えるのも充分納得できます。もし報復テロがあるとしたら、それもテロリズムではなく聖戦と呼ばれるに違いありません。

一方で、このようなやり取りも外部の目からすると「人を殺してタイムズ・スクエアでお祭りとはね」と冷静でいられます。狂気の反意語は実は「冷静」かもしれません。

この際ですから力に訴えかける報復ではなく、中東諸国で起きている革命のようにソーシャル・メディアを通じた報復を考えてみてはどうでしょうか?世間のアルカイダを見る目もきっと変わるでしょう。射殺などという原始的な解決策をとるアメリカが野蛮な国に見えるのではないでしょうか?

ちなみに話は逸れますが、私はビンラディンという人物が本当に実在したのだろうかと、いまだに疑っています(笑)。アルカイダも同様。これらは旧ブッシュ政権の求心力を高めるためにでっち上げられたものではないかと思うのです。これを戦略的パブリシティでは「キャスティング」といいます。

なぜならばブッシュさんの時も、今のオバマさんも、大統領のアメリカ国民からの支持率が低下すると、決まってそのタイミングでビンラディンの話題が出るからです。あまりにも大統領にとって都合が良すぎるのです。その結果、「テロの恐怖」を思い出させることで政治への関心は当然高まります。それが目的ではないのかと。

今回も実はロイヤル・ウェディングの直後を狙って仕込まれたのではないか・・・?そういえばビンラディンの殺害写真も本当に本人かどうか分からない(あのような顔の西アジア人はどこにでもいる)し、死体を水葬にしたというのもどうかね?そもそも、すべての情報がアメリカ側から出てくるというのもなんだかおかしい・・・。

まあ、私もそのような話を頑なに信じているわけではありません。もしそうだとしたらこれも正真正銘の「狂気」でしょうね。狂気というよりは他愛もない妄想ですね(笑)。

年別バックナンバー

メルマガ登録はこちら
▶︎Click Here