45歳定年制について

配信日:2021年9月29日

サントリーホールディングスの新浪剛史社長が「45歳定年制」を提唱して波紋を起こしました。「個人は会社に頼らない仕組みが必要」という問題提起でしたが「要はリストラではないか」という批判が起きたようですね。新浪社長のこれまでのキャリアで培われた価値観を考えれば、この問題提起はごく自然なもののように思います。それに、あまり言われていませんが、この4月から始まった「70歳まで再雇用延長の努力義務」へのアンチテーゼだったとも思います。企業の負担は言うまでもなく、それ以上に組織の老齢化による長期的なボディブロー、弊害も懸念されるでしょう。経営者としてはこちらのほうが問題だと思います。

もっともサントリーに勤めるような人たちにとっては45歳定年制でも問題ないかもしれない。世の中的なキャリアとして申し分のないブランドだし、45歳未満のなかには「そういうつもり」で働いている人もいるでしょう。逆にサントリーのような会社じゃない人には「冗談じゃない」となることも容易に想像できます。いや、サントリーのなかにもいるはずです。いまの時代は「放り出される」にはあまりにも分が悪い。大きな退職金をもらっても、その先が見えなければ一体、どうしろと言うのか。これはいまの日本が直面する課題だと思います。世の中ではジョブ型だの転職だの副業だのと言うけれど、正直、低い賃金でロクな仕事がないのが現実です。そしてそういう現実のなかで、日々の暮らしを立てている人がいることも事実です。よって、そんな甘言や成功者側の論理に踊らされず、自らの身の振り方を真剣に捉えるのであれば、会社に居残るのも立派な考えだと思います。

誤解を恐れず言えば、「個人は会社に頼らない仕組みが必要」というのは一つの価値観に過ぎないと思います。少なくとも「会社は」という主語を置くと、この文章は納得がいく。または「将来有望な私は」という主語でも同様。大事なのは自分にとってどうか。主語を「個人」から「自分」に置き換えた時に、本当にそれがうまく機能するかどうかを見据えることが大事だと思います。ひとによっては「会社に頼ることが必要」でも良いのです。あまりすんなりと一般論を受け入れず、同時に自己責任論に縛られないことが大事だと思います。

年別バックナンバー

同じカテゴリーのメルマガ #人材

AIは本当に仕事をリプレイスするのか

AIは本当に仕事をリプレイスするのか
2021年9月22日配信
CATEGORY:人材

地方再生の好ましいアプローチ

地方再生の好ましいアプローチ
2021年6月30日配信
CATEGORY:人材

これが天職ですと言えるようになれば・・・。

これが天職ですと言えるようになれば・・・。
2021年5月19日配信
CATEGORY:パーソナル,人材

あなたの定年、いつにしますか?

あなたの定年、いつにしますか?
2021年3月31日配信
CATEGORY:パーソナル,人材

違える(たがえる)就活

違える(たがえる)就活
2021年3月17日配信
CATEGORY:パーソナル,人材

いま転身を考えているひとが多い

いま転身を考えているひとが多い
2021年1月27日配信
CATEGORY:パーソナル、人材

資料請求・ご相談はこちら ▶

似顔絵

『ブランドをゼロベースでやり直す!』
ご相談、お問い合わせはこちらから▶