インサイト/顧客の価値観

配信日:2024年1月24日

今回はインサイトの話を少しばかりしましょう。ブランドが成功し繁栄しつづけるには製品ありきの発想や、言いたいことを一方的に言う売り手主体のコミュニケーションを戒める必要があります。そして顧客の価値観を大切にしたマーケティングを行うことが重要です。なにをいまさらと思うかもしれませんが、出来ていない会社は多いと思います。売り手主体のコミュニケーションは個人的な状況を考えるとわかりやすい。ひとは自分の価値観に基づいて相手に話しかけるものですが、相手の価値観がこちらと違っていれば、それは相手にとって苦痛になる。バイクや釣りの話を延々とされて辟易したなどの経験はないでしょうか。ブランドと顧客の関係も同じです。自分の話は一旦置いておいて、相手の話を聴くことから顧客との関係性は始まります。

顧客の価値観を知ることもインサイトの重要な目的です。ひとは自分が大切にしている価値観を実感したくて生きています。これがブランドを使う時の満足感や、ひいては人生の満足度にかなり大きく影響します。なじみのブランドについて「実際に何故、こんなに長く使っているのかな」と考えてみてください。おそらく「しっくりくるから」というような理由が思い浮かぶでしょう。これは「私の価値観に合っているから」という言い方でもあります。だから親しまれているブランドはあまり大きく変更しないほうが良いのです。製品のみならず広告でも同じです。僕がかかわっていたブレンディ・インスタントコーヒーはかれこれ30年も原田知世さんを広告で使わせてもらっています。そんなブランドは他にも多くあります。赤いきつねの武田鉄矢さんしかり、ユンケルのイチローさんしかり。このような継続を厭わないブランドは広告それ自体がブランド資産となります。

話を顧客の価値観に戻します。そもそもひとは自分の価値観を大切にしてもらえると、大事にしてくれたその人を好きになるものです。ブランドも同じです。「そうそう、よく私のこころの内を分かってくれたね」と言われるような製品やコミュニケーションなら、それだけでポチっとしたくなります。時には人生の方向性を決めるような大きな決断や買い物もできるのです。例えば住宅など高額商品を買う時は、そのひとにとって上位にある重要な価値観が影響します。お金の使い方に影響すると言っても良い。だから顧客の上位にある価値観を見抜くことが購買心理におけるインサイトの核心でしょう。そしてマーケティングではそれを大事にした顧客体験を提供すればよいのです。

年別バックナンバー

同じカテゴリーのメルマガ #ブランド

ブランドの持ち味・らしさ

ブランドの持ち味・らしさ
2024年1月17日配信
CATEGORY:ブランド

事業計画、マーケティング計画のコツ

事業計画、マーケティング計画のコツ
2024年1月10日配信
CATEGORY:ブランド

コーポレイト・ガバナンスについて<2>

コーポレイト・ガバナンスについて<2>
2023年11月29日配信
CATEGORY:ブランド

コーポレイト・ガバナンスについて

コーポレイト・ガバナンスについて
2023年11月22日配信
CATEGORY:ブランド

デジタル時代のブランディング

デジタル時代のブランディング
2023年11月8日配信
CATEGORY:ブランド

生活に定着するブランド

生活に定着するブランド
2023年11月1日配信
CATEGORY:ブランド

応援したくなるブランド・ストーリー

応援したくなるブランド・ストーリー
2023年10月11日配信
CATEGORY:ブランド

ブランドの「起きてからでは遅い問題」

ブランドの「起きてからでは遅い問題」
2023年10月4日配信
CATEGORY:ブランド

カテゴリー創造という発想

カテゴリー創造という発想
2023年9月20日配信
CATEGORY:ブランド

資料請求・ご相談はこちら ▶

bmwin

 『事業・ブランドの見直し総点検』
ご相談、お問い合わせはこちらから▶